アキレス腱に血腫

そもそも血腫ってなに?という話なのですが、
血液が袋状に貯留し、腫れ上がった状態なのだそうです。
そういったものが、何故か左足のアキレス腱の中に出来ました。
e0129896_15543855.jpg
写真を見てもまったくわかりません。
e0129896_16011142.jpg
オレンジのところが、本来のアキレス腱で、太さ・6~7ミリくらいだそうです。
赤い丸の中が血腫。
血腫が出たことで、アキレス腱が青い線くらいの太さになっているそうです。
e0129896_16040049.jpg

断面を見ると白く光りのように見えますが、これが血。
心臓に合わせるようにドクドクと光って動いて見えました。

結論。
痛いです。勿論足は動きません。
情けないことになった。
原因はよくわかりませんが、たぶん、
1月14日の雪の日にちょっとだけ外に出て仕事をしたためです。
あれ?痛いぞと思ってから、ドンドン足が膨らんで、象のようになりました。
膝から下がとんでもない痛さで疼きましたが、シップをして1週間は我慢しました。
いっこうに良くなる気配がないので、流石に、我慢できなくなって
医者に行って上記の写真を撮ってもらい説明を受けました。
でも、よくわかりません。
出してもらった薬を飲んでいるうち、
やっと、松葉杖無しで動けるようになってきました。

つまずいたわけでもなし、転んだわけでもなし。
加齢なのでしょ。
色んな事がおきますね。


[PR]
# by qwertyuiop-0 | 2017-02-05 15:54 | Comments(1)

畑の鳥

この鳥が畑のものをみんな食ってしまう。
e0129896_09400334.jpg
ちょっと芽が出ると何処からともなくやって来て、30分ぐらいの間に坊主にしてしまう。
e0129896_09402432.jpg
時々山鳩も混じっている。根菜はイノシシとアナグマに食われ、葉っぱは鳥に食われるので、ちっとも収穫に至らない。末娘のたこやきと作った腐葉土が沢山入った土は野生の生き物のためではないのだがなあ。白菜に続いて大根もダメか・・・。007.gif
e0129896_09522227.jpg
追うと一瞬いなくなるのだけど、すぐまたやってくるのが、余計に忌々しい。

[PR]
# by qwertyuiop-0 | 2017-01-13 09:49 | Comments(1)

白い彼岸花

彼岸花は本当にお彼岸に咲くので不思議。
赤い彼岸花はまだ咲いていませんが、我が家の白いのが咲きました。
白の方が一般的な赤い花よりいくらか大振りですね。
植えたわけではないのですが、毎年必ず咲いてくれます。
増えもせず減りもせず。律儀な花です。
e0129896_1511552.jpg
e0129896_1594014.jpg

e0129896_15114739.jpg
ところで、今年は異常に芙蓉がでかくなりました。(背の高さは2.5メートル以上。)
e0129896_15101544.jpg

[PR]
# by qwertyuiop-0 | 2016-09-15 15:13 | Comments(2)

茄子のおやき

我が家の定番「おやき」は、かぼちゃ。
普段はかぼちゃのおやき以外は作りません。
でも、本場信州ではおそらく茄子のおやきを作る家庭が多いはず。
長野県の北信地方でしか何故か作られない丸茄子というものを使って
信州のおやきは作られています。
e0129896_926284.jpg

たまたま、信州の実家から丸茄子が届いたので
昔を思い出して丸茄子のおやきを作ってみました。
いたって簡単なので、よかったら真似てください。
丸茄子は米茄子などでも代用できます。

まずは生地作り。

中力粉に砂糖、塩をお好みで入れます。
お好みと書いたのは、家庭によってはいれないところもあるからです。
ベーキングパウダーを入れてしまう家もありますが
ここでは昔ながらの北信のおやきを目指すので入れません。
あと、少し油を混ぜておくと、丸めたり伸ばしたりする時手にくっつきません。
ぬるま湯を加えて耳たぶの硬さくらいに練ります。
なじむまで少し寝かします。
e0129896_933480.jpg
茄子と茄子にはさむ味噌を用意します。
茄子は先ほどもお話した丸茄子をハンバーガーのパンのように切っておきます。
e0129896_96304.jpg
味噌は、味噌にお好みで砂糖を混ぜて練ったものを用意します。
たったこれだけの味付けなので味噌は少し上等な仕込み味噌を使った方が良いと思います。
e0129896_984479.jpg
茄子に味噌をはさみます。
e0129896_993615.jpg
はさんだら、すぐに生地で包みます。
ちょうど中華まんを作るときの要領で包みますが。生地は薄手の方が美味しくできます。
時間がたつと、浸透圧で茄子から水が出てきます。
包みにくいので、茄子に味噌をはさむのをまとめてやると失敗します。
一個ずつが基本。
e0129896_9121941.jpg
あとは蒸すだけ。しっかり蒸して生地がやや透き通った様な感じになると出来上がり。
ベーキングパウダーを入れた生地で作ってしまうと、
この時、茄子の汁が生地にしみ出てべとべとになり、不味くなります。
もちもちの生地にしておくと、おやきの中に茄子の汁と風味が閉じ込められるので
ジューシーで美味しいおやきになります。
だから信州ではもともとおやきにベーキングパウダーは入れないのです。
水分の多い野沢菜とかキャベツを具にしたりすることもあるので、やっぱりふかふか生地はNG。
もちもち&きちきちの生地がおやきにはよく合っているのです。
e0129896_916539.jpg
なるべく熱々を食べた方が美味しいです。
もし残ったときは、電子レンジではなく、ちゃんと蒸しなおした方がおいしいですよ。

それにしても、焼かないで蒸して作るのに、何で「おやき」なのでしょう?
子供の頃から不思議でした。
この頃の市販品というか土産物のおやきは、
焼いたものやふわふわ生地のパンのようなおやきがありますが
ひとつも美味しくありません。
あんなもの売るから、信州のおやきは美味しくないと評判になってしまうんです。
やっぱり、昔のままが一番。
[PR]
# by qwertyuiop-0 | 2016-09-03 09:21 | Comments(0)

今年は陽気のせいか蜂が沢山。
スズメバチが縁の下に巣を作り、日々格闘中です。
数年前、窯の煙道に巨大な巣を作られた時、格闘して刺されひどい目に遭ったので、今度スズメバチに刺されると何やらショックになって危ないらしいので、シュロの葉っぱで柄の長いハエ叩きを作り格闘しています。
さて、写真はアシナガ蜂の巣。
e0129896_1217839.jpg
台所の軒に巣をかけていたので、取りました。
信州生まれなので、子供の頃は好んでとって蜂の子を食べたものです。
長女の秋桜は蜂の子が好物で、ご飯にのせて食べたりしていましたが、
女房が嫌うししばらくご無沙汰していました。
でも見ると子が沢山。
で、ちょっと子を取り出してみました。
e0129896_12213226.jpg
もうここまでくれば、料理するしかありません。
成虫っぽいのは気持ち悪いのではじいて幼虫だけ佃煮!
e0129896_12231559.jpg
佃煮にするには量が少ないので焦がさないように注意。
e0129896_1224846.jpg
さあ出来た!
これを末娘のたこやきが食べられるかどうかだな???
[PR]
# by qwertyuiop-0 | 2016-08-23 12:24 | Comments(0)