<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

台風一過

台風11号が来る直前の夕焼けはとっても綺麗 ↓
e0129896_17134134.jpg
でも、この夜、久々にすごい台風がやってきた。
朝3時頃から6時くらいまでちょっと怖いくらいの雨風。
何とか無事でよかったけど強い雨はその後一日中降り続いて避難勧告も出た。
逃げなかったけどね。
そんな台風の中、沖縄の友人から届いたパイナップルに癒されて幸せ大満足!
e0129896_17141593.jpg
うまい!芯も皮も全部うまい。
e0129896_17142279.jpg
そんじょそこらのパイナップルとはまったく別物。
やっぱ沖縄は良いなあ。今度は現地で食べよう!
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2015-07-19 17:14 | Comments(2)

枇杷の葉茶の作り方

千葉に住んでいる弟が以前、琵琶を送ってくれました。
実は実で美味しく頂きましたが、
末娘たこやきが庭に種を蒔いたところ、それは立派に大きくなりました。
実がなるまではまだだいぶかかりそうですが、葉っぱは茂るので
万病の妙薬、琵琶の葉茶を作ることに・・・。
弟が丁寧に作り方を解説してくれましたので、以下紹介します。


≪与太郎の女房の弟が教えてくれた琵琶茶の作り方≫

枇杷の葉茶の作り方を説明します。
やかん(2リットルくらい)のやかんに、
20センチ以上の大きさの枇杷の葉3~5枚を入れます。
枇杷の葉は、たわしで裏の毛をとって、5等分くらいに切ります。
e0129896_17104922.jpg
水から煮出して、沸騰してから8~10分くらいそのまま続けて煮た後、
コップ1杯くらいの、「びっくり水」を入れると、
色が急にワインレッドに変わります。
そして、そのまま3分から5分煮出します。
(上の写真は、煮出した後の葉ですので、少し茶色くなっています。)

下の写真は、ざるに日本手ぬぐいをかけてこした後のお茶です。
e0129896_17112079.jpg
これは、別のやかんにいれて水をまわりに当てて早く冷やすこともできますが、
急がなければ、自然に冷えるのを待ってもいいです。
e0129896_17114562.jpg
コップに入れるとこんな色になります。
「何日くらい持ちますか。」と聞かれたこともありますが、
麦茶と同じくらいに考えてもらえば、いいと思います。
最初は、香りになれないかもしれませんが、なれるとおいしく飲めます。
焼酎わりに使ってもうまいらしいです。

ということです。一度作ってみてください。(平成27年7月8日 与太女房弟)
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2015-07-13 17:12 | Comments(0)

何してくれるねん!

e0129896_913993.jpg
イノシシの子供なのかアナグマなのか。はたまたその両方なのか?
かぼちゃとさつま芋を狙って掘り起こします。
同じ土壌でも琉球朝顔は攻撃対象としていないので、
やつらはどうやら植物の種別認識をしているということです。
知的生命体Xです。
アナグマの存在は何度か目撃。
末娘のたこやきが子供部屋の窓からイノシシを確認しています。
朝見た時は何ともなっていなかったので、
娘をバス停まで送って行ったわずかの間にやられたことになります。
食べることが目的ではないでしょ?
だって実はまだ無いし・・・。
戦線布告と解釈しましょう。トラトラトラ、ならぬクマクマクマです。
でもなあ、駆逐出来ないんだよな。動物殺すなんて考えられない。(虫はOK)
雨の中、御苦労なことです。ホンマ情けなくなる。
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2015-07-08 09:10 | Comments(2)

琉球あさがお

琉球あさがお咲きました。
e0129896_7185233.jpg
大の沖縄好きで、沖縄が第二の故郷だと思っている私にとって
食べ物はもちろん畑の作物もつい沖縄びいきになるのは仕方のないところ。
ゴーヤ・ヘチマ・フーチバは当然。
野菜は種で冬越しするので問題ないのですが、
花が問題。 
今までアマリリスをはじめにハイビスカス・金連花・琉球アサガオなど
色々試しましたがどうやっても冬が越せない。
そこでもう諦めて、毎年苗を植えることに!
去年から植え始めた琉球朝顔は実は千葉産。
千葉県在住の弟が送ってくれたものです^^
種が出来ないあさがおなんて・・・とびっくりしましたが
二年目の今年は少しコツもわかってきてぐんぐん大きくなっています。
アサガオで西陽を防ぐ作戦は大成功!
おまけに第一号の花も咲いてご機嫌なのです。
これからどんどん咲きそう^^
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2015-07-03 07:29 | Comments(0)