<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自家製干物

e0129896_13313811.jpg

e0129896_13315224.jpg
手間だけは最大限に掛けた自家製の干し魚。
七輪で焼いてみましたがどうにもこうにも^^;
結局、量販店で売っている安い魚は
いつ取れたかも何処で採ったかも解らないわけで
新鮮に見せるための工夫が施されているに間違いなく
そういうものは、どんな風に料理しても
まずくなることがあっても、美味しくはならないということです。
頑張って食べていると胸やけがしてきました。
女房が、
「私、もう今年分のサバとサンマは食べましたから!」
と断言しました^^;
後味がどういう感じかというと、
McDのハンバーガーを食べたときと良く似ています。
似たようなものが添加されてるってことかな?
体に良いとか悪いとかはさっぱり気にしないけど
まずいものはまずい。
歳してあんまり量がいらなくなったから、良いものが食べたいね。
魚は、土地でその日採れた刺身に出来るものを食べよう!
干物はそういう刺身になるような魚で作ろう。
結論はそういうことでした^^
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2014-01-27 13:32 | Comments(0)

干し魚

e0129896_16225563.jpg
小さい頃沢山食べ過ぎて嫌いになってしまったものありませんか?
我が家の子供がまさにそれ! 
サバとサンマが大嫌いです。
それに、近頃の魚には何か防腐剤的なものを添加してる気がしてなりません。
どの魚を食べても共通の匂いとエグ味を感じます。
昔は魚を塩で防腐しました。
でも今は塩が体に悪いことになってしまっているので使えません。
魚は塩をしないとあっという間に腐ります。
釣りなどで魚を採った経験のある人なら誰でも知っていることです。
ところが、スーパーに並んでいる魚は賞味期限が数日もあったりします。
色もとっても新鮮に見えます。(特にサケの切り身など)
これはゼッタイ変!
怪しさ大爆発です。
まあ、低所得庶民は添加物を食べないと生きていけないので
あとは工夫していかにそいつらを駆逐するかです^^
でやったのがこのスーパー安売り魚の自家製干し魚。
たこやきも女房も大嫌い(私も実は苦手^^;)なサンマとサバ。
境港の干し魚がとっても美味いことにヒントを得て工夫に工夫を重ねました。
(境港の魚だと娘のたこやきは食べるのですが、他は全く食べません^^;)
洗って干すことまる二日。
天陽にあてたり風にあてたり大騒ぎで作っています。
今晩のおかずになるのですが、さてたこやきは食べるでしょうか?
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2014-01-26 16:16 | Comments(3)

干し柿

e0129896_12283044.jpg
実は我が家は昔のお寺跡の上に建っています。
光源寺という何とも立派な名前の寺がこの地にあったらしく
ささやかに碑も立っています。
その碑のすぐ近くに一本の西条柿らしき柿の木があり
毎年わずかに実を付けます。
これを干し柿にして食べるのがとっても楽しいのです。
ここ近年とっても上手に出来て美味しくいただいておりましたが
娘のたこやきがさらに美味しくできる方法をご近所で聞きつけてきました。
柿を剥いた後、一度熱湯をくぐらせるとカビないで上手くできるというのです。
「それは良いことを聞いた」とばかりに この度は柿を熱湯に通しました。
出来た干し柿はとっても立派!
大成功と思って食べてみたら
「あれ?甘くない・・・・?渋い!」
渋い干し柿ってどう?
熱を通し過ぎたのか甘くなる組織が破壊されて渋干し柿になった?
変なことしないで普通に干せば良かった・・・。
たこやきに云うとがっかりするから内緒にしとこう。
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2014-01-23 12:21 | Comments(0)

七草粥

今日は七草。
家の周りで採ってきました。
呼び名と草が地方地方で微妙に違うようなので
正確にはどうかわからないけど一応全部揃いました。
半径50メートルで七草が全て揃う環境って良いのか悪いのか^^
ともかくおいしく頂きます。
e0129896_18191694.jpg

e0129896_18193117.jpg

[PR]
by qwertyuiop-0 | 2014-01-07 18:19 | Comments(2)

賀正!

新年あけましておめでとうございます。
またこの馬に逢えるように地道に頑張る一年にします!
どこの馬か馬愛好家のみなさんならすぐおわかりでしょう 016.gif
e0129896_8411477.jpg

[PR]
by qwertyuiop-0 | 2014-01-01 08:41 | Comments(0)