<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

実家に帰省中

お昼にラーメンが食いたいと皆が云うので作ってみた。
とんこつラーメンしょうゆ味 
写真取る前にピカがちょっと食べてしまったけど^^;
e0129896_13105423.jpg

[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-28 13:08 | Comments(0)

与那国の魚でかまぼこ作り

e0129896_831949.jpg

与那国の土産に魚のすり身を買ってきました。
与那国の魚は臭いがありません。
港で山積みされた魚をザクザク解体しているのですがまったく生臭くない。
そもそも港自体が臭くない。
瀬戸内ではちょっと海に近付いただけで浜独特の臭いがあるのに・・・。
海か綺麗というのはこういうことなんだ!と つくづく思うわけです。
さて、与那国の漁師さんは尖閣諸島まで漁に出ています。
具体的にこの魚のすり身がどのあたりの海の魚とは云えないのですが
可能性としては尖閣の魚かもしれない^^
そう思うと頑張れニッポン!と思ってしっかり味わえるかまぼこです。
ちなみに、与那国ではこの揚げたものををかまぼこと云います。
たぶん石垣もそうです。いわゆるさつま揚げです。
自家製はなかなかおいしいですよ^^
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-18 08:40 | Comments(1)

与那国のカジキ釣り祭り夜の部

日本最西端国際カジキ釣り大会 夜の部アトラクション

島の有志が踊っています。三日間練習したそうです。
出し物は色々ありましたが一番の盛り上がりでした。
知ってる人が一人いるはずなんだけど、メイクが上手すぎて?見分けがつかない^^
本当はもっともっと盛り上がるんだけど途中で切れちゃうのがもったいない。
マラソン大会ではさらにバージョンアップして再登場!するとのことです。


[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-17 19:45 | Comments(1)

与那国 4日目

与那国滞在4日目。つまり最終日。淋し^^;
e0129896_1459345.jpg
世界一綺麗なトイレと云われているダンナ浜
e0129896_1511796.jpg
ティンダハンタの上に登って祖納を一望
e0129896_1513255.jpg
海も空も本当に綺麗。
人間がいる以上自然は壊れるのだけど 何とかならないか? と どうしても思わずにはいられない。
せめて江戸時代くらいの暮らしにみんなで戻ってはどうだろうか?
私が住む瀬戸内の海はお世辞にもきれいとは言えない。
子供の頃、資源が無く加工貿易中心の日本においては 「ダム」を造ることがエネルギー面でも産業面からも不可欠であり、黒部ダムなどは日本人の英知と誇りの塊であると習った。国語でも社会でも教科書にはそう書かれていて 素直な私はそう思い込んでいた。 でも、実はそのダムが、集中豪雨の際の川の氾濫の原因となり、海に砂を無くし、川も海もボロボロにする原因であることが指摘されている。しかも堆積土砂の効率的な除去方法が見つからず何処のダムも電力供給とコストを考えると必ずしも優れてはいないことがわかっている。だから、生活用水としての必要性をアピールするしかダムの意味がなくなって、ちょっと雨が少なくなると大騒ぎでダム貯水量の変化ををニュースで流す。原発不要論の時も水力があるから・・・という意見は全く出なかったことをみんな知ってるはずだ。時代時代で何かにごまかされ海は無くなっていく。与那国にはそうあってほしくない。何としても与那国の海を守りたい。もしかしたら、日本に残された最後の海かも知れないから。
話がちょっとおかしくなった^^;
e0129896_1635231.jpg
ティンダハンタの上から またきっと来る!ことを 仲間と共に誓って・・・。
e0129896_16362321.jpg
一応焼物屋として島の焼き物もちょこっと調べ・・・。
e0129896_16371633.jpg
とっても残念なことに空港へ。
e0129896_16421742.jpg

空から新城島が見えました。
ちょうどこの日のこの時間は 娘の秋桜がパナリ焼の調査のため新城島にいたはず!
娘も島を離れる時はきっと俺と同じことを思ったに違いありません。
また行こう! 大好きだ与那国!
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-14 15:05 | Comments(2)

与那国 3日目

目覚めるとすっかり船酔い薬のめまいも消えて とってもさわやか。
島観光。まずは六畳ビーチへ!
e0129896_10355891.jpg
e0129896_10361374.jpg
ドクターコトーのロケでも使われたビーチ(だと思う)
ちょっと崖っぽい道だけど 仲間は島草履はいて降りてたから女性でもたぶん平気。
e0129896_10403269.jpg
レンズに水しぶきがかかったのに気付かず以後画面に汚れが入ることに^^;残念。
まあ当然写真より現実の方がきれいだから写真は記録程度でいいんだけどね。
e0129896_10411310.jpg
これはちょうど上の写真の画面左上の崖から撮った写真。
たぶん水深は数メートルはあると思われます。
でもとっても浅く見えてしまう。海の透明度はとにかく凄い。
e0129896_12123753.jpg
昨日国際カジキ釣り大会が開かれていた久部良の港
e0129896_12151133.jpg
久部良の燈台
e0129896_12154023.jpg
与那国といえばこの碑ですよね!
e0129896_12174478.jpg
与那国馬が有名ですが実はあまりいません。道をあるいてるのはほとんどこの馬。
e0129896_1219014.jpg
ドクターコトーおなじみの海岸。
e0129896_12232774.jpg
入場料300円は良いのだけど、料金所と変なポスターがせっかくのイメージを台無しにしてます。なるべく写さないようにシャッターを押しました^^;
e0129896_12242571.jpg
お昼はダイビングハウスよしまるで漬丼を食べました。
その後上の写真の海岸で潮干狩り。
カニを獲ったりシャコガイを獲ったり。
でも私としてはやはりカワハギを手づかみで捕ったのが最大の思い出。
手に持ったドライバーで音を立て岩の隅に追い込んでガバッっと手づかみ!
この作戦で2匹ゲット!なんて楽しいんだ!
e0129896_12373033.jpg

よしまるのご主人の用八郎さんは流石に神の手を持っていて獲物が自然と手の中にいるという感じ。弟子になりたい!
e0129896_12193949.jpg

今日も最高だ!
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-14 10:43 | Comments(0)

与那国 2日目

e0129896_20452882.jpg
国際カジキ釣り大会最終日。
私にとって初めてのカジキ釣り。酔い止めをしっかり飲んでいざ乗船。
e0129896_20541954.jpg
さあ いよいよ出港。
船長がゆっくり船を出します。
ホースみたいなのがリモコンらしい。これで操縦するんだ。
e0129896_20453828.jpg
進路を決めて出港合図待ち。
e0129896_216049.jpg
汽笛の合図で一斉に出港
e0129896_20454647.jpg
昨日ほどではないとのことだけど結構な荒波
e0129896_20554064.jpg
このあと波しぶきがバシャバシャかかってとても写真は無理。
もうひとつ写真が撮れなかった理由が私の船酔い。
はじめは船酔いもなく絶好調だったのだけど、機関室に入ったのが失敗。
オイルの臭いと想像できない揺れでしだいに気分が悪くなる。
気持が悪いというより、目が回っているという感じ。
後から薬のせいでそうなることを知ってがっかり。
どうせ酔うならまともに酔って気持ち悪い方が良かった。
酔い止めの三半規管を狂わせる能力は高すぎではないでしょうか?
でも、船べりにつかまっていると、海の底からトビウオがシューっとやってきて
目の前でパサっと軽い音を立て飛び出す姿は感動!
巨大とは言えないけどマグロがヒット。
船長が手早く釣りあげ、血抜きをしていく様はめちゃカッコ良い。
マグロは船内でお昼ごはんになりました。(俺はとても食える状態ではなかったけど)
たぶん最高の味ではなかったかと思われ・・・。(悔しい)
結局この日はクロカワカジキのヒットは出場した全ての船でなし。
全船でバショウカジキ2匹のみの収穫でした。
e0129896_204628.jpg
それでも祭りは豪快。120キロのカジキの丸焼き!
e0129896_20461195.jpg
夕焼けもきれい。
e0129896_20464862.jpg
雲と雲の合間に台湾が見える。最高の夕焼け。
仲間には、「まあ酔う人は酔うんだから」と励まされたので、
せめて酒には酔うまいと断酒しました^^;
e0129896_21334150.jpg

[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-12 20:55 | Comments(0)

与那国 1日目

e0129896_1734192.jpg
与那国空港に到着。
ホテルにチェックインするやいなや すぐに飛びだしレンタサイクルを借りました。
24時間1000円のはずなのにこの日は国際カジキ釣り大会のため町中お祭りモード。
店の人の第一声は「何時に返せる?」
お店の人もお祭りに行きたかったんですね^^
e0129896_1735576.jpg
自転車を気分良く走らせます。
まず目に入るのがティンダハナタ。
伝説の女酋長サンアイイソバが住んでいた場所。与那国に来たぞ~と実感!
e0129896_17345548.jpg
祖内の街からナンタ浜へとにかく透明な海。写真で撮れなくて残念だけど海の中には大小さまざまな熱帯魚が金魚すくい出来るくらいいます。
e0129896_17352225.jpg
このカニ、五寸くらいの大きさです。
e0129896_17351031.jpg
e0129896_17353555.jpg
e0129896_17352367.jpg
e0129896_17354728.jpg
e0129896_1822828.jpg
伝統工芸館。焼き物が無かったのは残念でしたが、ここで働くTさんはとっても優しい。実は閉館していたところ館内を案内して下さり、冷たいコーヒーを入れて下さって、おまけに自転車で炎天下走るのは危ないからと、車で久部良港まで送って下さいました。いろいろお話してるうちになんだか昔からの知り合いのような気がしてしまう温かく優しい方でした。「与那国に住んじゃえば。」といわれ思わずその気になってしまいそうでした^^
e0129896_17362164.jpg
自転車返却前にダッシュで風車を見てきました。
e0129896_17364968.jpg
工芸館のTさんの車で久部良のカジキ釣り会場に!
e0129896_17371752.jpg
船が帰ってきた!私のエントリーは明日!血沸き肉踊る感じです!
e0129896_17371132.jpg
なんて良い港だろう。港なのにまったく魚臭いとか生臭いとかがありません。今まで潮の臭いと思っていた海の臭いはなんだったんだろう。この海は山にいるのとかわらない。きれいな空気のきれいな海
e0129896_17373561.jpg
この会場でカラオケや地元の方たちのパフォーマンスがありました。青年団のダンスはプロ並み。みんなで大いに盛り上がりました。私が仲間に混ぜて頂いたメンバーもご機嫌で明日に向けてものすごく呑みました。朝起きられるのか不安なくらい。
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-12 17:37 | Comments(2)

与那国なう

国際カジキ釣り大会に参加しましたが、
船酔いがひどくまったくの戦力外でした。
でもとにかく海はきれい!
青より青い海の底の底まで見える透明感。
与那国は最高です。
たった今、潮干狩りから帰ったところです。
皆でカニやシャコガイ、ハリセンボン、宝貝、カワハギなど収穫しました。
私としてはカワハギを手づかみで2匹捕らえたのが感動的。
信州生まれなので、ハヤやウグイの手づかみは平気で出来るのですが
海の魚を手づかみしたのは初めて。
熱帯魚がつかみ取り出来るくらいの与那国ならではです。
今日もいい天気。これから山に山芋を掘りに行ってきます。
明日、島を離れるのがもったいないなあ。
早起きしてもう一回海に行って来ようかな。

というわけで、我が家のみんな。父は元気である!
写真はここではUP出来ないのでまた帰ってからです。
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-08 16:19 | Comments(0)

与那国島


第24回 日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会に行ってきます。
見物じゃないです。ちゃんと出場してでかい奴を釣ってきます。
150kg以上を釣らないと優勝争いはできないらしい。
私は、まったくの素人なのでチームに混ぜてはもらうけど本当は雑用係り。
でかいカジキを釣るための餌を釣るのが最重要任務!(それも怪しいけど^^;)
時には巨大カンナギもヒットするらしい。(むしろそれが見たいと不謹慎にも思っている)
たぶん一生に一度の大人の修学旅行。
思い切りやってこよう!
先に考古学研究で石垣に行っている秋桜にも逢うことになっている。
色々楽しみ。 
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2013-07-05 07:01 | Comments(0)