一夜茸

e0129896_943066.jpg
我が家の敷地は二反三畝。(借地なんだけどね。)
1畝(せ) = 30坪 = 99.174㎡ = 約1アール
1反(たん) = 300坪 = 991.74㎡ = 約10アール
1町歩(ちょうぶ) = 10反 = 3000坪 = 9917.4㎡ = 約1ヘクタール
だから、およそ我が家は700坪=23アールくらい。けっこう広いです。

そこに私と女房と知り合いの大工さんの三人で建てた家兼工房がこぢんまりと建っていて
併設して登り窯が二つある。
(窯の屋根が大きいからそれなりの大きさには見えるけど超ボロい^^)
家の前はテニスコートが二面取れるくらい空いている。
長男のチョコパンがまだ大学に進学せず家にいた頃は良くテニスをしたけど
末娘のたこやきは運動音痴であまり庭で遊ばない。
そうなると、もう草が生えまくって薮になってしまう。
仕方がないので草を刈るのだけど、この広さだとどんなに頑張っても丸1日かかる。
刈った後の草をかためておくとミミズが湧いて、それをイノシシが食べに来るので
被害に合わなそうな所に片付けなくてはいけない。これが大変^^;
でも、そんな事をしておくと、そこに一夜茸が生える。
一夜茸は、文字通り一夜しか開かない。
開くのは深夜。この写真は朝の五時前。
それでもほとんどの一夜茸はすでにしょぼくれている。
夜の間に写真を撮らないとダメなんだな。
でも、歳のせいか、朝は早いんだけど夜ふかしが苦手^^
午前0時まで起きているのが精一杯。
昨夜もその時間ではまだ一夜茸は開いていなかった。
本当に神秘的な茸だなあ。
[PR]
by qwertyuiop-0 | 2014-07-12 10:13 | Comments(1)
Commented by まどんな at 2014-07-14 15:33 x
一夜茸はじめて見ました神秘でもあり、不気味でもあります。世の中不思議いっぱい・恵みいっつぱいだね。
<< アナグマ 台風と共に何かがやって来る >>